JA十勝池田町

新着・重要なお知らせ

新着情報

池田町産ネバリスター収穫開始! ~NHKニュースでも取り上げられました~

2020/12/01

11月1日より、池田町ではネバリスターの収穫作業が一斉に始まりました。

長芋の収穫作業は多くの人手が必要な重労働です。家族総動員で、時には近隣の生産者で協力し合いながら、1年かけて育てたネバリスターを収穫しました。今年は天候にも恵まれ、肌もきれいで太く立派なネバリスターが収穫できました。

収穫期間中は大きな天候の崩れもなく、作業は順調に進みました。


機械で掘った穴に人が入り、1本ずつ手作業でネバリスターを掘り上げます。
ネバリスターを傷つけないよう溝を掘るのも、
溝から折らずに掘り上げるのも長年の経験と技術が必要です。

また、11月14日(土)に放送されました、NHKニュースおはよう北海道土曜プラス「ぶらりみてある記」というコーナーで、池田町のネバリスターを取り上げていただきました。

このコーナーは、北海道各地の市町村をリポーターの方が訪ね、地域の魅力や情報、季節の話題などを紹介するコーナーです。今回は池田町が特集され、十勝ワインや飲食店とともに、ネバリスターの収穫風景を紹介して頂きました。


リポーターの方に、収穫作業を間近で見ていただきました。
大きなトラクターで掘り上げる大迫力の収穫現場に加えて、
掘り上げたネバリスターをお見せしながら、
生産者自らネバリスターのおいしさをアピール!

圃場では、大型トラクターに装着したプラウという機械による、迫力ある収穫作業風景、家族で協力しての収穫作業を取材していただきました。

そのあと、実際に収穫したネバリスターを試食していただきました。十勝ワインにあうレシピを、ということで、中西部会長手作りの素揚げを実食して頂き、「とてもホクホクしておいしいです」というお言葉をいただきました。


ネバリスターと十勝ワインを一緒にご賞味いただきました!

池田町産ネバリスターは、甘みがしっかり乗るまで、1ヶ月ほど冷蔵保管したのち、出荷しております。令和2年産の販売開始は1月以降になる見込みです。お取り寄せページにて、予約注文も承っておりますので、ぜひ池田町産ネバリスターをご賞味ください。

このページのトップへ

サイト内検索