JA十勝池田町

新着・重要なお知らせ

新着情報

ドライブスルー販売会 ~感謝の気持ちと疫病退散の願いを込めて~

2020/12/01

今年は農業祭に代わり、11月22日(日)に「収穫感謝 地場農産物ドライブスルー取りまとめ販売会」が開催されました。

池田農業祭は昭和56年より、共同強化運動として、秋の豊かな実りに感謝するとともに、地域の皆様との交流を深め、収穫の喜びを共に分かち合うことを目的に開催されていました。しかし本年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、毎年恒例の餅撒き大会・ジャンボテント設営・たまねぎの詰め放題などは行わず、感染拡大防止対策を徹底した上で、ドライブスルー形式による地場農産物取りまとめ販売を行いました。

ドライブスルー販売は十勝池田町農産センターにて行われました。取扱い販売品は、ネバリスター、ゆり根、馬鈴薯、玉ねぎ(混玉)、ヤーコン、豆類、食品加工サークルむぎ畑の加工品。事前取りまとめ数は予想を上回る400件ほどの申込みがあり、中でもネバリスター、玉ねぎ(混玉)が多くの注文を頂きました。当日は会計場所、品物の受け渡し場所、発送依頼場所を分け、金銭授受はトレイを使い、全職員フェイスシールド、マスク、ゴム手袋もしくは軍手などを使って対応致しました。

  • (受付・会計)
  • (品物の受け渡し)

毎年盛況の池田町産のもち米10俵を使用した「もちまき大会」の代わりに、今回は地場農産物購入者に紅白餅を、鈴木組合長からのメッセージカードを添えてプレゼントさせて頂きました。カードには来場者への感謝とともに、疫病退散と健勝を祈りアマビエの絵柄が描かれています。

(メッセージカード)

例年とは違う形式の中、多くの地域の皆様にご来場いただき、誠にありがとうございました。皆様のご協力もあり、ドライブスルー販売会を事故なく、無事に終了することが出来ました。この場を借りて感謝申し上げます。

皆様の健康を祈るとともに、来年こそは再び・・・

(2019年のもち撒きと玉ねぎ詰め放題の様子)

このような恒例の農業祭を行えることを心から願っております。

このページのトップへ

サイト内検索