JA十勝池田町

新着・重要なお知らせ

新着情報

池田小学校・利別小学校 稲刈り体験 ~はざ掛けを学ぶ~

2020/10/01

9月17日、池田小学校・利別小学校の3年生が総合的な学習の一環として、稲刈りの体験を行いました。

例年は、5月の中旬に田植え体験を行い、稲刈り体験を行う流れでしたが、本年はコロナウイルス感染拡大防止の観点から、5月に田植え体験をすることができずバケツに苗植えを行いました。収穫時期を迎え、子ども達に田んぼで稲刈りを体験して欲しいと、地域と小学校が協力して、ソーシャルディスタンスを確保した中で、稲刈り体験を実現することができました。

今年の稲は、7月から8月の天候に恵まれたことと、稲の管理を行ってくれている地域の農家さんの尽力もあり、とても良い稲となっていました。稲刈りを始める前に、農家の方から鎌の使い方を教わり、稲刈りが始まりました。普段使うことのない鎌に苦戦することを予想していましたが、子ども達の手際の良さに驚かされました。稲刈り体験用に確保していた面積は、あっという間に刈取りが終わり、子ども達からは「もっと刈りたい」との声が多くありました。刈取り後は、大人達が束ねた稲を運び出す手伝いをしてもらい、稲刈り体験が終了しました。

刈取った稲は、利別小学校のビニールハウスを利用させていただき、はざ掛けを行います。はざ掛けとは、稲を乾燥させる昔ながらの手法です。1ヶ月程度乾燥させた後、脱穀・精米を行い、学校給食の食材として子ども達に提供される予定となっています。美味しい給食になって、子ども達が食べてくれることを楽しみにしています。

  • はざ掛け
  • はざ掛け1週間後
  • 間隔をあけて
  • 大人も一緒に稲運び
このページのトップへ

サイト内検索