JA十勝池田町

新着・重要なお知らせ

新着情報

令和2年産農産物の収穫開始!~好天に恵まれ作業は順調に進んでいます~

2020/08/26

 毎年7月下旬ごろの小麦収穫を皮切りに、池田町では令和2年産農産物の収穫作業が始まります。今回は収穫の終わった小麦と、収穫作業が始まった馬鈴薯・玉葱の様子についてお伝えします。

小麦

 今年は7/25から収穫開始となりました。作業前半は曇天で気温の低い日が続きましたが、7/31から一転して晴天となり、真夏日のなかでの収穫作業となりました。収穫期間中はまとまった降雨もなく、8/3に無事小麦収穫は終了しました。

 小麦の収穫は地域での共同作業!地区ごとに所有している大きなコンバインで小麦を刈り取り、トラックいっぱいに積んだ小麦を乾燥工場まで運びます。

馬鈴薯

 8月上旬から、馬鈴薯の茎葉を刈り取る処理が町内各地で行われました。

 茎葉を刈ることで、馬鈴薯の肥大を止め、土の中で成熟させると同時に、皮が硬くなり、収穫時の衝撃にも耐えられるようになります。

 収穫作業は8/17から順次開始しています。

 チョッパーと言われる機械で、茎葉を刈り取っていきます。

 ハーベスターで掘り上げた馬鈴薯は、機械のうえにあるベルトを流れていきます。流れていく馬鈴薯を一つずつ確認し、形の悪いものや緑化したものを取り除きます。機械収穫とはいえ、収穫には人手が必要です。

玉ねぎ

 玉ねぎは8月初旬から根切りと呼ばれる作業が始まりました。根を切ることで、玉の肥大を抑え、おに皮と呼ばれる外皮を硬くしていきます。

 根切りから2週間程度たってから、収穫が始まります。8月中旬以降は晴天の日が多く、作業は順調に進んでいます。

 これから収穫・選別作業を進めていき、徐々にお取り寄せページの内容も新物へ切り替えていきます。今年も多くの方に池田町産の美味しい農産物をご賞味いただけるよう、生産者農協一丸となって取り組んでまいります。

 来月中には馬鈴薯・玉葱などのお取り寄せページも更新予定ですので、そちらもぜひご覧ください。たくさんのご注文を心よりお待ちしております。

このページのトップへ

サイト内検索