JA十勝池田町

新着・重要なお知らせ

新着情報

令和元年度 食育通信 〜大地がキャンパス〜 Vol.2

第3回目作業を終えて

(記事・青年部員 赤松大輔)

9月8日(日)、今年度3回目の食育事業が実施されました。当初は7日に実施される予定でしたが、あいにくの悪天候により8日に延期となりました。そのため全家族の参加とはなりませんでしたが、7家族20人の参加がありました。

今回の食育事業ではスイートコーン、枝豆、カボチャ、じゃがいもの収穫を行いました。スイートコーン、枝豆、カボチャについてはすべて手作業、じゃがいもはポテトデガーで掘り取りを行い、手作業で選別しつつコンテナに移していきました。参加してくれた男の子の中にはポテトデガーやトラクターに目を輝かせていた子もおり、農作物だけでなく、作業機械にも興味を持ってくれることをとても嬉しく感じました。

収穫作業後には採ったばかりのスイートコーンと枝豆の試食も行われました。自分たちで汗をかきながら収穫した分、おいしく感じたと思います。

昨年度は胆振東部地震の影響のため、収穫は青年部員のみでの作業となりましたが、今年度は無事に収穫作業を行うことができ、参加した子どもたちや家族の皆様には楽しんで頂けたのではないでしょうか。

  • スイートコーンの収穫
  • カボチャたくさん採れました!
  • じゃがいも収穫


集合写真

第4回食育事業を終えて

(記事・青年部副部長 穐田正也)

10月27日(日)に、第4回食育事業が行われました。今回は第3回に続き2回目の収穫となり、圃場で行う最後の作業となりました。今回は、ポップコーン、長ネギ、長いもの収穫と、トラクターの試乗体験を行いました。また、試乗体験後には、ポップコーンの試食も行いました。

前日に雨が降ったため、足場の悪い中での作業となりましたが、子ども達は楽しそうに収穫作業を行っていました。中にはポップコーンをもいだ勢いで尻餅をつきながらも頑張って収穫していた小さなお子さんもいました。

長ネギと長いもは、今年度の新たな試みで行われたため、生育が心配されていましたが予想以上の出来と収量で安心しました。また、長ネギと長いもの収穫を初めて体験する子が多く、丁寧に収穫を行う微笑ましい様子もみられました。

トラクターの試乗体験では、普段乗る機会が無い大きなトラクターに乗る事ができとてもいい体験になったとお声をいただいております。

ポップコーンの試食時には、ポップコーンが弾ける様子を見た子供たちが『すごい!』と歓声を上げ、出来上がったポップコーンを笑顔で食べておりました。

今年度も多くのご家族に参加していただき植付けから収穫そして試食と一連の作業を行ってもらいました。子ども達には収穫の喜びとともに、食を得ることの大変さや大事さを学んでいただけたと思います。

  • ポップコーンみーつけた!
  • ネギとの綱引き頑張るぞ!
  • トラクターって、でかーい!


大地がキャンパス!!

このページのトップへ

サイト内検索