JA十勝池田町

新着・重要なお知らせ

新着情報

高齢者交通安全教室!楽しく受講して事故防止に繋げよう!!

JA金融部金融共済課では、年金友の会通常総会において、高齢者の交通事故防止に向けて「ドライブレコーダーの基礎知識」、「敏捷性測定」、「交通安全落語」、を交えた交通安全教室を平成31年3月14日開催致しました。

始めにドライブレコーダーの普及活動を目的とした基礎知識について、金融共済課緑川職員より、実際にどのような時に役立つのか、過去の事例や判例を基に説明がありました。特に最近のニュースでも取り上げられる『あおり運転』対策にも有効であることや、取り付ける事によって安全運転の意識を高める効果が実証されていることの説明がありました。

続いて、給油課芳賀課長よりレコーダーの機能や製品紹介の説明があり、どのようなタイミングで録画されているのか、あおり運転対策には前後2つのカメラを装着する必要があること、高齢者ドライバーが増加傾向の時代に自分自身を守る必須アイテムである説明を行い、多くの受講者がドライブレコーダーの必要性を感じていただいた内容の講話となりました。


ドライブレコーダーの必要性を説明する
金融共済課緑川職員(左)、給油課芳賀課長(右)

敏捷性測定では、二人一組になり、1人が測定棒を離して、もう1人が掴むだけの簡単な測定内容でしたが、落とすタイミングがわからないようにすることで、掴む位置が予想以上に先端であったり、掴み損ねたりするなど、お互いの敏捷性を確認し合いながら、和気藹々と測定を行いました。


2人1組で敏捷性を測定する参加者

最後に、教室のメインとなる落語家の『三遊亭遊馬 師匠』が高座を務める「交通安全落語」を披露していただきました。参加者も楽しみを抑えきれない様子のなか、巧みな話術で笑いを誘い、終止会場全体が笑いの渦に包まれ、楽屋に戻られるまで拍手と笑い声が鳴り止みませんでした。

今回の交通安全教室を通して、運転するには自分自身を守る準備と自分自身を知ること。また、1人ひとりが交通安全への意識を高め運転することを日々心がけることにより、事故の無い毎日が送られるよう、交通安全活動を今後も継続して参ります。


爆笑!三遊亭遊馬師匠の交通安全落語!

このページのトップへ

サイト内検索