JA十勝池田町

新着・重要なお知らせ

新着情報

寒暖差にも負けず作物は順調に生育しております!

池田町の天気

 池田町は5月中旬以降、朝晩の寒暖差が大きいのが特徴でした。

 特に、5月19日の最低気温は2.3℃と氷点下に迫る気温でしたが、翌日5月20日の最高気温は31.5℃で真夏日となり、約30℃の気温差となりました。

 6月上旬には、最低気温が5℃を下回る日が7日間あり、低温による霜の被害が心配されました。幸い、大きな被害も無く、各作物ともおおむね順調に生育しております。

ネバリスター
  • 5月ネバリスター植付準備の様子です

  • 6月に入り芽が出てきております

 左側の写真は、トレンチャーという機械で畑に深い溝を掘っている様子です。

 植付前に深い溝を掘り、ネバリスターが成長する周りの土を柔らかくすることで、形の悪いものができにくく、大きくなることも期待できます。

 右側の写真は、ネバリスターの植付から1ヵ月ほど経ち、出てきた弦を手作業でネットに絡ませている様子です。

 弦は自力でネットに辿り着けるものと辿り着けないものがいるので、手作業でアシストします。放置してしまうと、地面を這って茎葉が成長してしまいます。効率的な光合成が出来なくなり、作物の成長に悪影響を与えてしまうため、非常に重要な作業となっております。

 今はまだ茎葉が少なく、寂しい様子ではありますが、8月には葉がネットを覆い、緑色のカーテンが出来上がります。今後の生育をお楽しみに!

馬鈴薯
  • 4月下旬馬鈴薯植付の様子です

  • 6月に入り順調に生育しております

 馬鈴薯の植え付け作業は、4月末から5月上旬にかけて行われました。

 適度な降雨と気温により、植付も順調に進みました。その後の生育も順調で、今では茎葉により地面が見えなくなるまで成長しています。

 7月頭には開花期を迎え、品種によって色とりどりの花が畑一面に咲き誇ります。

南瓜
  • ハウス内で育苗を行います

  • 植えつけ後の南瓜の様子です

 南瓜の育苗は、5月よりビニールハウスで行われていました。6月を迎え、畑への植付を行いました。

 昨年は、育苗時期に霜が降りてしまい、苗が傷む被害がありました。今年は大きな被害もなく、植付後の生育も順調です。

 7月から、どんどん弦が伸びていき、8月中旬から収穫が始まります。

玉葱
  • 5月玉ねぎ植付作業の様子です

  • 6月でここまで大きくなりました

 5月の植付時には、畑が干ばつ気味であったため、生育が心配されていました。

 その後の適度な降雨と、何より生産者による管理作業によって、現在は順調に生育しています。

 7~8月にかけて玉部分が肥大していき、8月中旬ごろより収穫となります。

 昨年は、春先の低温や収穫期の台風など、自然の猛威に晒された1年となりました。

 今年は、今の所天候に恵まれており、各作物とも概ね順調に生育しております。

 安全・安心・美味しさを消費者の皆様へお届けするべく、産地が一丸となって取り組んでおります。

 今後も、作物の生育情報を掲載していきますので、お楽しみに!

 今年もおいしい馬鈴薯・玉葱ができました!

このページのトップへ

サイト内検索