JA十勝池田町

新着・重要なお知らせ

新着情報

黒毛枝肉共励会 ~ 入賞は逃すも好成績! ~

13回ジェネティクス北海道 黒毛和種 枝肉共励会

10月8日、標記共励会が㈱北海道畜産公社道東事業所十勝工場にて開催され、北海道内各地から選抜されたおよそ30ヶ月齢の肥育牛82頭が出品され、その肉質の良さを競いました。

当JA管内からは2頭(出品者:清水孝悦さん、神谷雅之さん)の出品を行いました。残念ながら入賞は逃したものの、ともにA4ランク以上の好成績となりました。

なお、上位入賞は何れも素晴らしい枝肉で、出品牛全体の上物率(A4ランク以上)は89%以上と、非常にレベルの高い共励会となりました。

出品者の清水孝悦さんは、「初産の雌だったため重量は小さめで、あったが、成績の良い系統だったので、期待していた通りの肉質でした。BMS№(霜降りの度合い、最高が12)が二桁だったのは初めてなので非常にうれしい。」と話してくれました。

今回の出品牛出荷の様子

写真は神谷さんにて撮影したものです。積み込み時や輸送時にストレスをかけてしまうと、肉色が濃くなるなどの悪い影響が出てしまうことがあります。また、体を激しくぶつけたりすると、「アタリ」などの瑕疵  (かし)が出てしまい、マイナス評価になりますので、大きな声や音で牛を興奮させないよう注意が必要です。今回もスムーズな作業により、無事に出荷を終えました。

出品牛枝肉の確認

出荷された枝肉は、その牛の管理がどうだったかを現します。生産者の方は、できるだけ自分の目で成績を確認しており、良かった点や反省点を踏まえ、今後の生産に活かしています。

過去の記事はこちら
このページのトップへ

サイト内検索