JA十勝池田町

新着・重要なお知らせ

新着情報

JA十勝池田町女性部食品加工サークル「むぎ畑」の一番人気商品!
こだわりの手作りみそ、麹から手作り、その名も「どみそ」をご紹介!!

JA十勝池田町女性部食品サークル「むぎ畑」では池田町産の材料をふんだんに使用した加工品づくりに取り組んでいます。今回は食品加工サークル「むぎ畑」の取組みを一番人気商品の「どみそ」の紹介を中心にお伝えします。


手作り!こだわり!自慢の品!Aコープ利別店で好評販売中!!

食品加工サークル「むぎ畑」の活動内容


「冷凍できるポタージュ」に挑戦!~アイディアを出し合っての新商品づくり~

食品加工サークル「むぎ畑」は現在13名の会員で構成されています。農作業が落ち着く12月~4月がメインの活動期間ですが、販売するイベントに合わせて会員が集まり、池田町産の食材を使った料理や加工品を作っています。

現在の商品ラインナップは・大豆かりんとう(3種類)・パウンドケーキ(3種類)・ドーナッツ(2種類)・羊かん(2種類)・自家製トマトから作ったケチャップ、こだわりの手作りみそ「どみそ」です。


まさに顔の見える販売!~農業祭での販売の様子~

これらの加工品はAコープで行われる「生鮮祭り」や農協行事として開催されている「新緑祭」「農業際」、池田町内で行われる物産イベントなどで販売しており、その際は会員が自ら店頭に立って販売しています。作る側、食べる側、お互いの顔が見える販売は安心、安全、美味しさ、やりがいに繋がります

食品加工サークル「むぎ畑」以頭会長に「どみそ」にかける想いを伺いました!


食品加工サークルむぎ畑
以頭久美子会長

Qどみそ作りのこだわりを教えて下さい!
A味噌は大豆、麹、塩の3つを混ぜて発酵させて作りますが、池田町産の大豆使い、麹はお米から手作りしています!
Qどみそ作りで苦労されることはありますか?
A添加物を一切使っていないため、味噌を発酵させる段階でどうしてもカビなどができやすいので温度管理と衛生管理に気を使います。
Q消費者の方へ一言!
A是非一度どみそと市販の味噌と食べ比べてみて下さい!!
記事作成者 購買部岩城職員の実食レポート

私も自宅で料理はするのですが、恥ずかしながら市販の味噌ばかりで「どみそ」を使ったことはありませんでしたが、食べてみてびっくり!いつもの味噌に比べて香りがやわらかく、ほのかな甘みを感じました。自分の料理の腕前が一段上がった様な気がしました。

「どみそ」を使った絶品みそダレの作り方を紹介!!

どみそ 400g
1/2カップ
みりん 1カップ
砂糖 50g

材料を中火にかけ30分ほど混ぜながら煮詰めるだけ!
肉や魚を付け込んで下さい!
日本人ならほぼ毎日といっていいほど使う味噌!
皆さんも是非一度ご家庭で「どみそ」を使って
味の違いを感じてみて下さい!!

このページのトップへ

サイト内検索