JA十勝池田町

新着・重要なお知らせ

新着情報

「北海道農業融資優良取組JA表彰」受賞! ~組合員への取組が評価!!~

平成28年4月12日、北海道信用農業協同組合連合会(JA金融部門の上部組織)より平成27年度北海道農業融資優良取組JAとして表彰して頂きました!


左側:鈴木組合長 右側:前木JAバンク統括本部長

この栄えある賞は、農業融資部門で特徴のある取組みや実績が上がった道内の2JAが表彰されるものです。美味しい農畜産物を生産する農家の人たちが、活躍できるように当JAが行っている様々な取組みが評価されて頂く事ができました。

おもな活動内容は、と言いますと・・・
  1. 経営なんでも相談会の開催
     営農部と金融部の職員が中心となり、年2回のペースで農業資金に限定しないで、農家のさまざまな相談に応じています。経営規模拡大からご子息の教育ローンの相談まで専門の職員が丁寧にアドバイスしています。
  2. 事業評価制度とCS(顧客満足度)調査の実施
     農家の代表者50名から「農協の通信簿」と称し80項目を5段階で評価を頂く「事業評価制度」を導入しています。良くないところが一目瞭然となり優先的に改善策を講じています。また、金融部門では北海道信用農業協同組合連合会と協力して農業融資に関するアンケート調査を行い顧客満足度の向上に努めています。
  3. 「指導チーム」の活躍
     部門の垣根を越えて(現在3部門)職員がチームを作り、農産物の安心・安全のサポート、生産性・収益性・食味の向上などなど…平たく言えば、おいしくて安全・安心な農作物を出荷する為に土作りから収穫まで、毎週畑を巡回して農家のみなさんとがんばっています。病害虫の早期発見や研修会の開催もお手の物です。
  4. 農業の大規模化
     大規模農業を目指し、会社(法人)化したい農家には積極的にお手伝いしています。外部からの資金調達も積極的に取りつけ、大型酪農会社を誕生させています。また、自己資金だけで畑作畜産複合経営の会社も誕生させています。
  5. 農畜産物のブランド化
     当JAのHPをご覧の皆様ならきっとご存知の「いけだ牛」「ネバリスター」のブランド化に取り組んでいます。また、新たな農畜産物のブランド化を目指し「地域ブランド構築プロジェクト」を立ち上げ活動中です。
  • 肥料の相談会の様子肥料の相談会の様子
  • 小麦の現地研修会の様子小麦の現地研修会の様子

ちょっと手前味噌な話なりましたが、この受賞を励みに更においしくて安全・安心な農畜産物をみなさまにお届けできるよう、JA職員一丸となり池田町農業の縁の下の力持ちとなってがんばります!

このページのトップへ

サイト内検索