JA十勝池田町

新着・重要なお知らせ

新着情報

北海道肉用牛共進会 ~快挙!「群出品の部」で初の最高位賞~

 第31回北海道肉用牛共進会が9月6・7日に安平町の北海道ホルスタイン共進会場で開催されました。

 発育・資質に優れた牛が多い中、「群出品の部」において、清水孝悦さん(当JA管内)の「あやみ」、「ふじな」、神田博文さん(JA十勝高島管内)の「むつき」で構成された3頭1群が最高位賞を受賞。また、「未経産の部」では河口賢悟さんの「なつえ」(第4部)が1等賞1席を受賞しました。群出品での最高位受賞は当JA史上初の快挙となりました。

最高位賞を受賞した清水さんの「ふじな」、「あやみ」、神田さんの「むつき」
最高位賞を受賞した清水さんの「ふじな」、「あやみ」、神田さんの「むつき」
数ヶ月間に及ぶ調教、実を結ぶ

 本共進会は、資質の改良や管理技術・知識の向上を通じ畜産経営の安定を図ることを目的に開催されており、今年は北海道内各地 より選抜された106頭(雌牛群17組)が出品され、日頃の改良と飼養管理の成果が競われました。

 当JA管内からは7月開催の十勝共進会で好成績を収めた7頭(雌牛群1組)が出品され、うち5頭(1組)が好成績を収め、春先から調教に取り組んできた出品者の方々の努力が報われる結果となりました。

 関係者の皆様のご支援、ご協力にお礼申し上げます。

「第4部」1等賞1席を受賞した河口さんの「なつえ」
「第4部」1等賞1席を受賞した河口さんの「なつえ」
「第6部」2等賞1席を受賞した野上さんの「あゆね」
「第6部」2等賞1席を受賞した野上さんの「あゆね」
若手での取組み、3年目にして目標達成!

 当JAでは、「若手で「群出品の部」最高位賞を獲得しよう!」を合言葉に、若手生産者による群出品を2年前から行っておりました。3年目となる今年は、当JA地区から2頭、JA十勝高島地区から1頭の「池田町和牛生産改良組合」としての群出品を行いました。

 春先の出品牛調査に始まり、毛刈りや蹄の手入れ、本番前のブラッシングなど、常に生産者同士が協力して行ってきたことが今回の結果につながったものと思われます。

 地域の仲間で協力し、互いに高め合うことは今後の地域のレベルアップにつながります。今後も若手による群出品には、継続して 取組んでいきます。

池田の若手生産者とJA職員
池田の若手生産者とJA職員
更なる牛群レベル向上へ!
更なる牛群レベル向上へ!
上位入賞者の声 清水孝悦さん(群出品の部最高位賞)

 「日々の調教と栄養度管理、体型の維持に苦労しました。若手の取り組みは3年目で最高位受賞という最高の結果となり、非常にうれしく思います。今後も地域が一体となって出品を続けていくことが重要だと思います。」

最高位賞を受賞した清水孝悦さん(左)と神田博文さん(右)
最高位賞を受賞した清水孝悦さん(左)と神田博文さん(右)
3頭には多くの記念品が贈呈されました
3頭には多くの記念品が贈呈されました

第31回北海道肉用牛共進会 上位入賞畜
 

未経産の部

第4部 「なつえ」 1等賞1席
第5部 「ゆりこ」 2等賞4席
第6部 「あゆね」 2等賞1席
第7部 「あやみ」 2等賞1席
  「ふじな」 2等賞5席

群出品の部

第10部 「ふじな」「むつき」「あやみ」 1等賞1席
(群出品の部最高位)
このページのトップへ

サイト内検索