JA十勝池田町

新着・重要なお知らせ

新着情報

第26回通常総会開催
~議案は全て原案可決、農協改革、TPP等国際貿易交渉から北海道を守りぬく決議も~

 平成27年4月23日(木)当JAの第26回通常総会を開催しました。

 総会には正組合員274名中254人(委任状・書面議決書含む)が出席したほか、各関係機関からも来賓の皆様の出席を頂きました。

 総会冒頭では、「JA綱領」の朗唱、物故組合員への黙祷に続き、平成26年度農畜産物高品質多収穫共励会の表彰にて、農畜産物の生産において品質及び収穫量とも優れた組合員の方々30名を農畜産物9部門15品目に渡って表彰致しました。また、永年勤続表彰では3名の職員へ表彰状と記念品を授与しました。

 次に鈴木組合長開会挨拶に続き、池田町町長 勝井勝丸氏、JA北海道中央会帯広支所長 植田尚典氏からご祝辞を頂きました。

 議案審議に当たって議長には、小野田隆彦氏(清見2地区)・窪田満穂氏(川合2地区)のお二人が指名推薦され議案審議を開始。

 議案には、平成26年度事業報告、剰余金処分案(事業分量配当、出資配当)を含む決算関係、並びに平成27年度事業計画、池田町内JA合併推進委員会の設立など11件の議案が上程され、提出された議案全てが原案通り可決決定されました。

 審議の最後に、動議として「農協改革に関する決議」を大塚常務より、「TPP等国際貿易交渉から北海道を守り抜く決議」を女性部部長十河明美氏、青年部部長永原和敏氏より決議文が読み上げられ、満場の拍手によって決議されました。

 審議終了後、議長には議案審議取り進めへの労苦に対し盛大な拍手が贈られ退任、最後に鈴木組合長による閉会挨拶により第26回通常総会が終了しました。

第26回 通常総会 開会 鈴木代表理事組合長の開会挨拶
第26回 通常総会 開会 鈴木代表理事組合長の開会挨拶
第26年度 農畜産物高品質多収穫共励会表彰 農畜産物9部門15品目30名が表彰 第26年度 農畜産物高品質多収穫共励会表彰 農畜産物9部門15品目30名が表彰
第26年度 農畜産物高品質多収穫共励会表彰 農畜産物9部門15品目30名が表彰
議長 就任挨拶 TPP等国際貿易交渉から北海道を守り抜く決議を読み上げる。十河女性部部長(左)、永原青年部部長(右)
議長 就任挨拶 TPP等国際貿易交渉から北海道を守り抜く決議を読み上げる。十河女性部部長(左)、永原青年部部長(右)

 平成27年度事業計画が本総会によって決定頂き本当の新年度がスタート、今後、役職員一丸となり事業計画達成に取り組んで参ります。

このページのトップへ

サイト内検索