JA十勝池田町

新着・重要なお知らせ

新着情報

『冬期講座』20年振りに開催!!
~農閑期を利用し営農に関わる様々な知識の向上へ~

 2月25日(水)~27日(金)の3日間、当JA本所大会議室にて、組合員と組合員家族を対象に「冬期講座」を20年振りに開催致しました。

中西税理士による講座 千葉指導農業士の講座には女性部の方々が大勢参加
中西税理士による講座 千葉指導農業士の講座には女性部の方々が大勢参加
第1日目

【午前の部】
「賢い相続と贈与について」
講師:税理士 中西 正志 氏

【午後の部】
「やりがいのある農業経営を目指して~まずはコミュニケーションから~」
講師:北海道指導農業士 千葉 澄子 氏

第2日目

【午前の部】
「子牛哺育のちょっとしたポイント・自給飼料の栄養化を高めて所得向上」
講師:十勝農業改良普及センター 十勝東部支所 次長 佐藤 勝之 氏

【午後の部】
「営農計画の為の経営分析」
講師:十勝農試 生産システムG 主査 白井 康裕 氏

第3日目

【午前の部】
「新規薬剤(ベタハーブフロアブル・ウララDF等)の効果試験成績と使用方法について」
講師:ホクサン株式会社 齋藤 省吾 氏

「平成26年度指導チーム栽培試験結果報告」
講師:JA十勝池田町 農産部 岡本職員

【午後の部】
「農協改革と協同組合の自立」
講師:北海道大学 名誉教授 太田原 高昭 氏

 今回の「冬期講座」については、組合員へ協同組合の意義も含めて、学びの場を提供していく計画により20年振りに講座を復活させ開催したものです。

 講座は、1日2講座開催し、合計6回開催し延べ116名の方に参加して頂きました。

 27日(金)の最終講座には北海道大学の太田原高昭名誉教授より「農協改革と協同組合の自立」と題し、農協や連合会設立の背景と意義、JA改革論議、今後の協同組合が選択するべき方向等についてご講義頂きました。

 今回、全講座に参加頂いた八田祐基さんは、「農協を育てるのも自分の役目。人ごとで無く自分の事として農協の事を考えていかなければならないと思った。」とおっしゃっておりました。

太田原名誉教授による講演 真剣に講演を聴き入る参加者の皆さん
太田原名誉教授による講演 真剣に講演を聴き入る参加者の皆さん

 今回ご参加頂きました組合員の皆様につきましては、雪が降り除雪作業等でお忙しい中ご参加頂き誠にありがとうございました。
 次年度につきましても、冬期講座内容の更なる充実を図り、組合員の皆様が興味をもって参加出来るよう努めて参ります。

このページのトップへ

サイト内検索