JA十勝池田町

新着・重要なお知らせ

新着情報

北海道枝肉共励会 ~ 「いけだ牛」あと一歩及ばず・・・ ~

【北海道あか牛枝肉共励会】
褒章授与式の様子 受賞者の皆様(前列左から2番目が神谷さん)

 11月20日、北海道あか牛振興協議会主催「第13回北海道あか牛枝肉共励会」が、㈱北海道畜産公社道東事業所(帯広市)において開催され、当JA管内からは神谷雅之さん出品の去勢牛「かみひかりの子」がA4ランク・枝肉重量552kg・BMS№6の評価で優秀賞1席(2位)を受賞。「いけだ牛」は惜しくも最優秀賞を逃す結果となりました。

 本共励会は年1回開催されており、およそ24ヶ月齢の褐毛和種肥育牛が出品されました。当JA管内より14頭、JA新はこだて管内より8頭(計22頭)が出品され、その肉質の良さを競いました。

 前日には出品者・関係者での懇親会も開催され、親睦を深めるとともに情報交換が行われました。

 あか牛(褐毛和種)は、和牛の中でも発育・増体が良いことが特徴です。生後24ヶ月齢で400kg以上、大きいもので500kg以上の枝肉重量に仕上がります。(黒毛和種は一般的に生後30ヵ月齢前後で出荷)

 肉質に関しては、脂肪交雑能力(霜降り)の点で黒毛和種に劣りますが、脂肪交雑が適度で、うま味を豊富に含む赤身が多いことも特徴です。

 神谷さんの受賞牛は、このような特性がどちらも生かされた、質・量ともに見事な枝肉でありました。

 今回、神谷さん(当JAあか牛部会長)は、出品牛が2頭とも上位入賞する好成績となりました。お話を伺うと、「母の「かみひかり」の子は、過去4頭の成績がどれも好成績だったので、今回も期待していた。その中でも今回は最も良い結果だったが、僅差で及ばず残念。来年も受賞できるよう努力したい。」と、話してくれました。

神谷さんの枝肉(優秀賞1席) 受賞者の皆様(前列左から2番目が神谷さん)
神谷さんの枝肉(優秀賞1席) 審査講評の様子
【北海道枝肉共励会(黒毛和種の部)】

 11月29日には、ホクレン主催「H26北海道枝肉共励会」が、㈱北海道畜産公社道東事業所(帯広市)において開催されました。本共励会は年1回開催されており、当JA管内からは1頭が出品されましたが、残念ながら入賞を逃す結果となりました。

 道内各地から選抜されたおよそ30ヵ月齢の黒毛和種肥育牛が出品され、104頭がその肉質を競いました。

 上位入賞は何れも素晴らしい枝肉で、出品牛全体の上物率(4等級以上)は90%以上と非常にレベルの高い共励会となりました。

当JA管内から出品された枝肉 審査講評の様子
当JA管内から出品された枝肉 褒章授与式の様子
このページのトップへ

サイト内検索