JA十勝池田町

新着・重要なお知らせ

新着情報

池田町の農産物は干ばつ、長雨を乗り越え順調に生育しています!
~農産物の生育状況紹介~

秋まき小麦の収穫が始まりました!
 豆の花が咲いています!ネバリスターの葉も茂っています!
 馬鈴薯、玉ねぎも大きくなっています!
 7月下旬を迎え最高気温も30℃前後を記録し、いよいよ十勝にも夏本番が訪れました。今年は冬場の積雪の著しい少なさ、5月の干ばつ、6月の長雨と栽培にあたり難しい気象条件が続きましたが、生産者の苦労と努力により農産物は順調に生育しています。
 今回は収穫の始まった秋まき小麦や豆などの生育状況をご紹介致します。

秋まき小麦の収穫スタート!
大きさも刈取能力も圧倒的!
コンバインによる小麦刈取作業

7月24日に秋まき小麦「きたほなみ」の収穫作業が始まりました。生育が前倒しで進んでいたため、刈り取り開始も平年よりもやや早まっています。
 秋まき小麦は品質を落とさないために専用の収穫機械【コンバイン】を使用し、短期集中で作業を行いますが、雨が降ると収穫もストップしてしまうため、天候と小麦の状態を見極めながら、地域が一丸となって適期収穫で高品質麦を目指します。


池田町の農作物は順調に生育しています!

7月下旬になるとそれぞれの圃場で農作物の生育量が旺盛になります。
 今年はエルニーニョの影響で冷夏が予想されていましたが、その後長期予報も修正され、現在では天候も平年並みとなり、各作物とも生育はやや良好な状況です。

小豆の花
小豆の花
金時の花
金時の花
手亡の花
手亡の花

黄色い花が小豆、薄紫の花が金時、白い花が手亡です。決して大きな花ではありませんが、茎葉の緑の中で鮮やかなコントラストになっています。この花が散った後に莢をつけ、豆がなります。あと1ヶ月ほどの生育期間を経て、9月初旬に金時をスタートに豆の収穫が始まります。

 

ツルが伸びてきました
ツルが伸びてきました

ネバリスターは茎葉がネットの頂上部を折り返しました。今後更に繁茂して8月にはまるで緑のカーテンのようになります。ネバリスターにとっては気温が高い方が良い生育となりますが、本年は積算温度も平年を上回っていますので、良好な生育が期待されます。

馬鈴薯、玉ねぎの肥大は例年よりも早まっています。今年は病害虫の発生がやや目立った年ではありましたが、生産者の徹底した作業によりその苦境を乗り越えてきました。
 馬鈴薯は今後収穫までの期間は澱粉質を蓄積させ、より美味しくなるための重要な時期です。池田町の天候の特徴である「昼夜の寒暖差の大きさ」は、澱粉質の蓄積に有利な条件ですので、今年も美味しく仕上がることを願います。

馬鈴薯
玉ねぎ
安心、安全、美味しさをお届け!

7月下旬の小麦から始まり、8月には馬鈴薯、玉ねぎ、9月からは豆類と収穫作業が続きます。農作物の作柄はどうしても天候に左右されてしまう部分が大半を占めますが、消費地の皆様に美味しいと喜んで頂けることを目指し、干ばつ、長雨を乗り越えて最後まで徹底した管理作業が行われ、産地一丸となった努力が注がれます。

このページのトップへ

サイト内検索