JA十勝池田町

新着・重要なお知らせ

新着情報

H26池田町家畜品評会 ~ 日頃の改良成果を確認 ~ 

 6月4日、平成26年度池田町家畜品評会が常設品評会場にて開催されました。

 この日の最高気温は31℃と、真夏並みの猛暑で、人にも牛にも過酷な環境となりましたが、今年は町内から肉牛36頭、乳牛14頭、農用馬4頭が出品され、部門毎に審査が行われました。

「肉牛の部」の審査 「乳牛の部」の審査 「馬の部」の審査
当JA管内より肉牛の部最高位賞・乳牛の部グランドチャンピオンが選出!

 当JA管内からは黒毛和種32頭、乳牛1頭、農用馬3頭が出品されました。

 黒毛和種では若手生産者の方々と共に農場巡回を行い、出品牛を選定したこともあり、昨年並みの多数の出品となりました。また、今回が初出品となった方も3名おり、和牛改良に対する熱意と盛り上がりが感じられました。

 出品された牛・馬は、この日の為にしっかり調教・手入れが行われており、普段とは違った環境の中でも堂々と落ち着いた姿を披露してくれました。

 今回好成績を収めた牛たちは、「第45回十勝総合畜産共進会」(7月25日(肉牛・馬)・8月30日(乳牛)開催予定)への出品が予定されており、更なる活躍が期待されます。

「肉牛の部」最高位に輝いた川添保徳さんの「あやみ」
「乳牛の部」グランドチャンピオンに輝いた嶋木潤さんの「ハツピネス MJ SD シヤデイー」
肉牛の部最高位は11歳!

 今回、肉牛の部で最高位を受賞した川添さんの「あやみ」は、平成14年生まれ。これまでに10頭の子牛を生産している繁殖牛です。和牛繁殖経営では、8産・9産を超えると子牛の生時体重の低下や素牛市場価格の低下等が懸念されるため、更新(廃用)といって、繁殖牛としての役目を終えるのが一般的ですが、「あやみ」は繁殖成績等が優秀な牛だけに与えられる「高等登録」を昨年受審。子牛の販売成績も良好で、現在も経営において活躍しております。そして何よりも、若い時の体型を現在も維持していることから、今回出品されることとなりました。

 「あやみ」は1才(未経産)時にも品評会に出品されているそうで、10年の月日を経て出品。繁殖牛としての体型が評価され見事、最高位賞を受賞することとなりました。

 川添さんは、「品評会には毎年出品しているが、最高位受賞は初めてでとても嬉しい。おとなしく、品位のある牛なので、十勝共進会ではどこまで評価されるか楽しみ。今後も「あやみ」から雌が生産されたら後継牛として保留していきたい。」と話しておりました。

 9月には12歳になる「あやみ」。十勝共進会(7月)での活躍が期待されます。

もともと温厚な性格でしたが後日、調教の為「鼻環(はなかん)」を装着しました。
平成26年度池田町家畜品評会 上位入賞家畜(当JA管内)
【肉牛の部】
第1部 1等1席 「はいり」 穐田 豊治
第2部 1等1席 「りあな」 高橋 直人
第3部 1等1席 「みゆり」 (有)大塚牧場
第5部 1等1席 「きよよしゆり」 清水 孝悦
第6部 1等1席 「くるみ」 河口 賢悟
第7部 1等1席 「あやみ」 川添 保徳(肉牛の部最高位)
【乳牛の部】
第7部 1等1席 「ハツピネス MJ SD シヤデイー」  嶋木 潤 (乳牛の部グランドチャンピオン)
このページのトップへ

サイト内検索