JA十勝池田町

新着・重要なお知らせ

新着情報

和牛繁殖牛群のレベルアップ目指して!
~H25十勝畜産技術セミナーでJAの取組を発表~


十勝管内の新しい畜産技術を紹介

 「平成25年度十勝畜産技術セミナー」(主催:道総研畜産試験場他)が2月25日に農協連ビル(帯広市)にて開催されました。

 本セミナーは、畜産関係機関が開発した新しい技術や実証・調査成果の中から十勝酪農・畜産の進展に寄与する内容を中心に、管内の関係者に広く紹介するために毎年開催されています。

生産者・関係者約130名が詰めかけ会場は一杯に

生産者・関係者約130名が詰めかけ会場は一杯に

繁殖牛群のレベルアップ目指して

 当日の発表課題は13あり、そのうちの1つとして、当JAより「和牛改良の取り組み」について発表しました。

 発表では、平成21年より畜産試験場との連携により進めている、地域内繁殖牛の改良推進について紹介しました。

地域内牛群改良の取組みについて、畜産試験場と共同にて発表(右は筆者)

地域内牛群改良の取組みについて、畜産試験場と共同にて発表(右は筆者)

 当JAでは生産者の繁殖成績を管理する「繁殖台帳ソフト」を活用することで、個人毎の繁殖成績・市場販売成績などを管理しています。

 

 この情報をもとに、農場巡回指導を行い、さらに繁殖牛の能力情報を生産者へ配布することで、高能力牛からの後継牛を生産・保留する改良システムづくりを行いました。

 「黒毛繁殖台帳ソフト」の活用により、地域内の保留率が向上し、2013年では新規保留牛の約90%を占めるまでになり、地域の牛群能力が向上するなど、徐々に成果が表れていることを紹介しました。

生産者・JAが一体となったシステムにより、
地域内の後継牛保留割合が徐々に高まっています


 和牛の改良は非常に時間がかかるもので、こうした取り組み効果が本当に現れてくるのは、まだまだ先になると思いますが、しっかり方向性を定め、こつこつと取組を継続していくことが重要だと考えております。

 共進会や研修会など、今後も和牛改良に関する取組みをホームページ上でご紹介していきます。

 

 

このページのトップへ

サイト内検索