JA十勝池田町

新着・重要なお知らせ

新着情報

産地のこだわりを届けたい!
~生産者による馬鈴薯・玉葱の店頭PR販売を関東、関西で開催~

ダイエー新浦安店、市川コルトンプラザ店、名谷店でPR販売を行いました!

 2月1日、2日にダイエー名谷店(兵庫県神戸市)、8日にダイエー新浦安店(千葉県浦安市)、9日にダイエー市川コルトンプラザ店(千葉県市川市)で関係各位のご協力を頂き、食用馬鈴薯生産組合と玉ねぎ部会合同での店頭試食販売を開催致しました。

 この店頭試食販売会は、年明けの恒例行事として継続して実施しているもので、生産者自らが売り場に立ち、作物の説明、試食提供を行いながら、当JA産の馬鈴薯、玉ねぎの魅力やこだわりを伝えていくことを目指して実施しているものです。

 今回は普段の農作業とは違う初めての体験に奮闘した参加生産者の感想をご紹介致します。

ダイエー名谷店へ参加 食用馬鈴薯生産組合・塚谷恭さん

 店頭販売は今回が初めての参加でしたが、メークインと玉ねぎの売れ行きが好調だったのが印象に残りました。

 私はインカのめざめを中心に味や調理方法の紹介と茹でた芋の試食提供を行いましたが、このインカのめざめはまだあまり知らない人も多くいらっしゃったようで、「初めて食べたけど甘い!」、「皮ごと食べられるのですね!」などの高評価を頂きました。試食を通じて購入して頂けた方も多く、「レシピを参考にインカのめざめでいもだんごを作ってみます」という言葉が嬉しく感じました

 2日目の店頭販売開始直後は残りの販売予定数量も多く、売り切ることができるか不安のあったインカのめざめでしたが、売り場の方の協力もあり、試食と説明を通して多くのお客様に購入して頂くことができ、夕方には陳列していた棚からほとんど無くなる程となりました。

 自分たちの生産した農産物を購入して頂けるお客様と直接話すことができ、とても良い経験ができました。これからの日々の農作業に生かしていきたいと思います。


インカのめざめの試食を提供し、熱心にPRを行う塚谷さん
ダイエー新浦安店、市川コルトン店への参加 食用馬鈴薯生産組合・野澤敬裕組合長

 2月8日~9日 ダイエーいちかわコルトンプラザ店、新浦安店(両店舗とも千葉県)におきまして、JA十勝池田町フェア(店頭PR販売)に参加させていただきました

 当日は年を越した芋の美味しさを消費者の方たちにぜひ知って頂きたいという気持ちで店頭に立たせていただきました。芋団子・インカのめざめの試食も行い、「美味しい!これどうやって作るの?」「これはどの芋なの?」という声が多く、まずは食べて頂くきっかけ作りが必要であると痛感いたしました。また、我々生産者も自分の作っていない品目、品種の特徴や食べ方など、知っておくことも重要であると感じました。

 開催期間中、関東地方は大雪でした。その影響からお客様の数は通常の半分以下であったことは非常に残念でしたが、用意した試食は2日間でほぼ無くなるなど、消費者の反応を直接感じることができ、非常に良い経験となりました。

 このような取組を今後も続けていき、消費地との繋がりを強くしていくことが何よりも大切であると感じました。

 参加生産者は開店当初は初めての体験に緊張感が漂っていましたが、自分達が栽培した農産物を「美味しい」と言って食べて頂ける喜びを感じるにつれ、声掛けや試食対応も積極的に変化していく様子でした。

 関東、関西ともに今回のような貴重な機会を設けて頂きました、関係各位の皆様の多大なご協力にお礼申し上げます。

 また、会場にお越し頂いたお客様に感謝申し上げるとともに、特に関東は記録的な降雪に見舞われた2月8日、9日の開催でしたが、悪天候にも関わらず多くのお客様にお越し頂きまして、誠にありがとうございました。

 これからも十勝池田町の農産物を宜しくお願い致します。


記録的な降雪のなか来店頂いたお客様に感謝を込めて対応する穐田さん(写真左)と野澤組合長(写真右)

 

 

このページのトップへ

サイト内検索