JA十勝池田町

新着・重要なお知らせ

新着情報

「アズキ日記 第5話」 ~待望の収穫を迎えて!!

本年は、やや前進で生育が早まっていた小豆ですが、池田町では9月13日に収穫が始まりました。

その後、台風18号の影響もあり一時作業は中断致しましたが、9月20日から再開、その後は、順調に作業が進んでいます。

今年の収量、品質などは、まだ途中経過の段階ですが、平年並みからやや良と見込まれます。

終盤を迎えた、「アズキ日記」ですが、今回は圃場編の最終章となる収穫作業を、ご紹介致します。

9月24日 晴れ 収穫作業、畑からの旅立ち ~2013秋~
 
 
今年は天候にも恵まれ良好な生育となりました。

 いよいよこの日を迎えました。

 畑に播かれてから約4か月。

 待望の収穫です。

 雨の日も、風の日もありました。

 それも今では、良い思い出です。

 雑草との戦い、虫との戦い。

 それは今では、勲章です。

 そう、全てはこの日のために!!

 今日、お世話になった生産者、畑から旅立ちます。

 育ててくれてありがとう。


収穫作業風景その1 刈り倒し

 莢が下から上まで茶色になったのが成熟のサインです。

 畑全体の莢がほぼ全て茶色になっているのを確認して作業スタート。
 あんなに濃い緑色だったのに茶色に変化するんだよ。

 専用機械で畑の地面の際(根元)から刈られます。ウィーンザクザク・・・

 

茎からは葉が落ち莢だけが残っています。
茎からは葉が落ち莢だけが残っています。
収穫作業風景その2 脱穀作業

 (1)刈り倒された豆の株は1列に並べられます。きれいに整列したよ。

 

(1)2つの畦の小豆の株を寄せて1列に並べます。
(1)2つの畦の小豆の株を寄せて
1列に並べます。
   

 (2)次は脱穀機の登場です。トラクターに牽引されているこの機械は、豆の株を全部拾い上げて、脱穀を行います。どっどっどっど と振動が。

 

(2)列状になった刈られた小豆の株ごと全部綺麗に拾い上げます。
(2)列状になった刈られた
小豆の株ごと全部綺麗に
拾い上げます。
   
(3)拾い上げた小豆の株が機械内部を通過すると
(3)拾い上げた小豆の株が機械内部を通過すると
莢や茎が排出されます! 小豆だけになりました!
莢や茎が排出されます! 小豆だけになりました!

 (3)株ごと投入されると、機械を通り小豆だけが、きれいに分けられます。すごいですね。

 生産者は豆の状態を見極めながら機械操作を行い、一番良い状態にコントロールして作業してくれます。

 最後の最後まで本当にありがとう。

 こうして見事に収穫されて、いよいよ消費者に届けられるのですね。
 わくわくするよね!!

   

 と、思いきや、向かった先はスーパーやお菓子工場ではなく、JA農産センター「穀類貯留・調整施設?」

 何をするんだろう?

 もしや、安全で綺麗な状態で、皆様に届けるため、最後の準備をここで行うということでしょうか?
 果たして、どんな展開が待っているのか…?

 次話を、ご期待下さい。

 

JA十勝池田町農産センター穀類貯留・調整施設
JA十勝池田町農産センター
穀類貯留・調整施設

※小豆収穫の変遷

以前はあちこちにこのような「にお積み」された豆がありました。
以前はあちこちにこのような「にお積み」された豆がありました。

 豆の収穫は、遥か昔「唐竿(からさお)」と呼ばれる、柄の先に打ち棒をつけた道具を使用し、むしろ等の上に置かれた豆の莢(枝含む)を叩きつけながら、脱穀したそうです。

 しかし、時代は進み、脱穀機が開発・普及し、収穫の機械化が進められました。

 以前は、十勝の秋の風物詩ともいわれていた「豆のにお積み」も、けん引式の脱穀機の普及が進み、今ではすっかり見る機会も少なくなっています。

~今年も無事に収穫を迎えることができました。数々の苦労を経て収穫を迎えた小豆は、すぐに消費者に届けられるわけではなく、JAの農産センターで選別調整作業が行われてから、消費者の皆様に届けられています。

次回は、生産者と消費者をつなぐ、JAの使命とも言える重大な役割の一つ「選別調整」の様子と、そこで培われている長年の技術の一端を、皆様にお伝えしたいと思います。

次回『匠の手により輝く小豆!!!~まるで宝石の如く~』をお楽しみに!!

このページのトップへ

サイト内検索