JA十勝池田町

新着・重要なお知らせ

新着情報

「交通安全落語」で高齢者事故ストップ!!~交通安全教室を年金友の会で開催~

 このほど、JA金融部金融共済課では、年金友の会通常総会において、高齢者の交通事故防止を図るため、「交通安全落語」をプログラムに組み込んだ「交通安全教室」を開き、年金友の会の会員約70名に参加していただきました。

 交通安全落語に先立ち、交通安全協会の藤山調査役(当JA職員)より、交通安全講話で事故に遭わないためのポイントをお話しいただきました。

 次に、敏捷性測定では、二人一組で、一人が約50㌢のバトンを落とし、もう一人が落下するバトンを、どれだけ早くつかめるか挑戦しました。

 測定結果では、バトンを掴む位置が予想以上に先端であったり、油断すると通り過ぎてしまうなど、ご自身が思った以上に、敏捷性が低下している事にあらためて自覚し、安全運転に努めて頂く機会となりました。

 最後に、落語家の笑福亭瓶太(びんた)さんが高座を務め「交通安全落語」を披露。

 即興で会場にいる会員の皆さんを笑わせたり、高齢タクシードライバーと客が繰り広げるひょうきんなやりとりに、会場全体が笑いの渦に巻き込まれ、楽屋に戻られるまで拍手と笑い声が鳴り止みませんでした。

 高齢ドライバーの事故は、身体能力の低下や「自分は大丈夫」という過信が、多くの事故につながっております。また、農村地域では、高齢者が自動車等を運転する機会は非常に多く、高齢ドライバーの事故は全国的に増加傾向にあります。

 高齢者の皆様が、今回の交通安全教室を通して、更に交通安全に対する意識を高め、無事故で毎日が送れるよう、交通安全活動を今後も継続して参ります。

 

年金友の会総会には約70名が参加
年金友の会総会には約70名が参加
交通事故に遭わないために 交通安全講話 藤山調査役
交通事故に遭わないために
交通安全講話 藤山調査役
交通安全落語で会場は笑いの渦に
交通安全落語で会場は笑いの渦に
このページのトップへ

サイト内検索