JA十勝池田町

新着・重要なお知らせ

新着情報

JA職員の救命救急講習会
~心肺蘇生法 胸部圧迫・AED操作法を学ぶ~

 1月18日(金)、農協本所大会議室において、池田消防署警防課救急係から、2名の講師(消防署員)を招き救命救急講習会を開催致しました。

 この救命救急講習については、昨年から開始しており、今回は35名(2回講習)の職員が受講しました。

 開催の目的については、当JAの本所・支所事務所にはAEDが常備されており、この操作方法をより多くのJA職員が身につけること、更に、当事務所への来訪者・同僚は勿論、家族や居住している地域住民の突然の心肺停止状況に対しても対応できることを目的として開催致しました。

 講習内容は、心肺停止状態から救急車の到着まで【119番通報→心肺蘇生法(胸部圧迫、人工呼吸)→AED装着・操作】の一連の流れを実技主体に学びました。

 昨年とは心肺蘇生法の手順の見直しもあるとの説明がありましたが、昨年受講された職員は、昨年の記憶を辿りながらテキパキと実技を行ない大変頼もしく感じられました。

 しかし、心肺蘇生法を、救急車到着までの約8セット((胸部圧迫30回+人工呼吸2回)×8回)を、一人で続けるにはかなりの体力が要求され、やはり複数のサポート体制が必要だと改めて感じました

 この救命救急講習については、年に1回の開催ですが、全職員に基礎的な知識や技術が

 しっかりと身につくよう、今後も継続的な開催を行って参りたいと考えております。

 

女性には少し大変 胸部圧迫 装着位置を間違えないように AEDパッド装着 現役消防士による見事な連携蘇生
女性には少し大変 胸部圧迫 装着位置を間違えないように AEDパッド装着 現役消防士による見事な連携蘇生
 
     
このページのトップへ

サイト内検索