JA十勝池田町

新着・重要なお知らせ

新着情報

「黒べこ日記 その一」 ~ 黒毛子牛の生活や成長記録の連載開始 ~

今回より、和牛繁殖経営を行っている高橋牧場のご協力のもと、黒毛和種の子牛が生まれ、大きく育てられ、そして市場へ出荷されるまでの生活や成長を数回にわたり紹介します。

子牛の可愛さや、高橋さんが牛を育てる苦労や喜びを、この「黒べこ日記」を通して少しでもお伝えできたらと思っております。

高橋牧場紹介

高橋牧場は、正三さんを経営主に妻の久子さん、後継者の直人さんの3人で経営。現在28頭の繁殖雌牛を飼養し、年間約20頭の子牛を生産しています。

高橋さんのような「和牛繁殖経営」では、生産された子牛を育成し、素牛(もとうし)として生後約10ヵ月齢でホクレン十勝地区家畜市場に出荷、販売を行っております。

【肉牛の審査】各部位のバランスや栄養状態などを比較します 【乳牛の審査】体型・骨格や乳器の形などを比較します
高橋さんご一家
左から直人さん、久子さん、正三さん
育成中の牛と高橋直人さん

6月3日(金)天気曇り ぼくは生まれた~母「まなみ」が元気なオス子牛を出産

6月3日、ぼくは生まれた。

生まれてすぐは、まだふらふらするけどお母さんがすぐにおっぱいを飲ませてくれたよ。

それから、お母さんは飼い主さんを教えてくれたよ。

ぼくは高橋さんという家で飼われているんだ。

おっぱいをたくさん飲むんだ いつもやさしいお母さん
おっぱいをたくさん飲むんだ いつもやさしいお母さん

高橋さんがぼくの両耳に耳標(じひょう)っていう、番号が入った黄色いイヤリングみたいなものをつけてくれたよ。

ぼくたちはこの番号で、いつどこで生まれたか細かく記録されているんだ。

これが黄色のイアリング
これが黄色のイアリング

6月11日(月)天気曇り雨 ぼくの名前は「正安照」~鼻紋(びもん)を取って登録

1週間ほどしてJAのお兄さん(筆者)が来て、鼻にインクをぬって紙を押し付け、鼻紋(びもん)を取っていったよ。

ぼくは、インク臭くてちょっぴり嫌だったけど、これでぼくの名前は「正安照」に決まったよ。

ころころローラーでインクを鼻に・・・・・
ころころローラーでインクを鼻に・・・・・

鼻紋は、人で言う指紋みたいなもので1頭1頭みんな違うんだ。

僕らは鼻の指紋と耳標の番号で登録されているんだ。

これがぼくの鼻紋だ!
これがぼくの鼻紋だ!

6月27日(水)天気晴れ いい匂い~晴天に恵まれ牧草収穫

今日は朝からトラクターの音が聞こえて、干し草のとってもいい匂いがしたよ。

お母さんが、「高橋さんが牧草を収穫しているんだよ」と教えてくれたよ。

牧草刈り倒し
牧草刈り倒し
牧草を乾燥 ロールに丸めて保管
牧草を乾燥 ロールに丸めて保管

早くお母さんのように、牧草をムシャムシャ食べられるようになりたいな。


7月4日(水)天気晴れ 最近のぼく~生まれて1ヵ月の正安照

ぼくはいつもお母さんといっしょに過ごしていているよ。

お腹が空いたらお母さんのおっぱいを飲んでいるよ。

お腹が空くといつでも飲むんだ お母さんといつも一緒
お腹が空くといつでも飲むんだ お母さんといつも一緒

少しずつだけどお母さんと同じ牧草も食べられるようになったよ。

ふんふん牧草のいい匂い
ふんふん牧草のいい匂い

こんなに大きくなりました!

生まれた時の体重は約35kg。1ヶ月間で55kgになり20kgも増えました。

もう抱えて持ち上げるのは無理になりました。

軽々と抱きかかえられる「生まれてすぐのぼく」 もう重くて持ち上げられない「ぼく」
軽々と抱きかかえられる「生まれてすぐのぼく」 もう重くて持ち上げられない「ぼく」

今後も、ぼく「正安照」の成長をお伝えしていきます。どうぞお楽しみに!

このページのトップへ

サイト内検索