JA十勝池田町

新着・重要なお知らせ

新着情報

平成24年度 食育通信Vol.2 ~大地がキャンパス~

「大地がキャンパス」の由来

平成22年当時、専用圃場を設置して3年目を向かえて、青年部活動のメイン事業になりつつある食育事業を、『もっと農業への関わりを多くの人達に持って頂く機会を提供し、地域に貢献したい!』との考えから、専用圃場に食育事業のPRを兼ねた看板を設置する事を決め、関係機関協力のもとに看板を圃場入口に設置しました。

この看板を設置するにあたり青年部員よりキャッチフレーズを募集し、地域の将来を担う子供達に、食の大変さ・大事さ・面白さを学んで頂く場所の意味を込めた『大地がキャンパス』に決定し看板を作成して今に至っています。

青年部食育事業:第2回親子農業体験播種・定植作業

6月9日(土)10:00~12:00に、第2回目の作業を行いました。

今回は大根の播種と前回苗たてをしたカボチャの定植、除草作業を行いました。

当日の天候は曇り空で、少し肌寒いくらいで雨も心配されましたが、無事作業をすることができました。

カボチャの苗は、前回作業時に参加ご家族に配布し、ご家族の皆さんが大切に育てていたおかげで、苗は枯れることなく順調に育っており、無事に圃場に定植出来ました。

昨年から作業時はあまり天候には恵まれていませんが、次回からは好天の中作業できることを祈るばかりです。

次回は7月上旬に、除草作業とコンバインの試乗を行う予定です。

 

子:大きく育ってね! 子:カボチャってこうやって植えるんだね。
青:三角蒲(ホー)はこうやって使うんだよ。 子:大きい大根出来ればいいね~
部長:使い慣れてないから難しい~ 子:肥料を撒くの上手になったよ!
このページのトップへ

サイト内検索