JA十勝池田町

新着・重要なお知らせ

新着情報

「いけだ牛」「品種:あか毛和牛」のブランド化を目指し
~「(財)全日本あか毛和牛協会」設立から1周年~

和牛の品種は、4品種(黒毛和種・褐毛和種・無角和種・日本短角種)あり、褐色の体毛が特徴的な「いけだ牛」は「褐毛和種(あかげわしゅ)」に分類されます。

今回は、「褐毛和種」を「あか毛和牛」としてブランド化を図り、地位向上を目指すために設立された「(財)全日本あか毛和牛協会」についてご紹介いたします。


「あか毛和牛」の地位向上を目指して

北海道と熊本を主産地とする「あか毛和牛」は、自然放牧に適し、その肉質は黒毛和牛の霜降りと異なり、うま味豊かな赤みを特徴としています。

しかし、現在日本国内の飼養頭数は24,500頭で減少傾向にあり、「黒毛和種」の180万頭と比較すると、普及は極めて低い状況です。この状況を打開するため「あか毛和牛」の地位向上を目指し、生産地域の壁を超え、生産者が一体となり全国的な普及を目指す「(財)全日本あか毛和牛協会」が、2011年3月に設立されました。

公式サイトとCMもオンエア

昨年11月にオープンした公式サイトでは、「あか毛和牛」の魅力を紹介しているほか、独自の情報提供システム「あか毛和牛なび」の開設により、日本全国に流通している「あか毛和牛」に関する情報を発信しております。

もちろん、当JA管内の「いけだ牛」生産農家を検索することも可能です。

また、より多くの消費者に認知してもらうために、CMも制作し12月1日から関東エリアでオンエアされており、公式サイトでも公開されております。下記にURLを掲載しておりますので、是非アクセス願います。

(財)全日本あか毛和牛協会 公式サイト http://www.akagewagyu.com/

コンセプトは「きちんと育てた、おいしい赤身。」

全日本あか毛和牛協会では、この3つをコンセプトに、あか毛和牛の地位向上を目指します。

  1. ヘルシーでおいしい
  2. 健康的な育て方
  3. 生産者の思い

当JAホームページ上でも「いけだ牛」・「あか毛和牛」の魅力についてどんどんご紹介し、ブランド化を図って参りますので、宜しくお願いいたします。

このページのトップへ

サイト内検索