JA十勝池田町

新着・重要なお知らせ

新着情報

長いも「ネバリスター」の選別全てお見せします

今回は、圃場で収穫されたネバリスターが、「どのような工程で皆様の元にお届けされているのか?」という、普段はなかなか見ることのできない選別工程をお見せします。


1.コンテナ搬入と貯蔵
600kg「コンテナ」
600kg「コンテナ」
コンテナ内整然と重なったネバリスター
コンテナ内整然と重なったネバリスター

圃場で収穫されたネバリスターは「コンテナ」と呼ばれる鉄製の容器に入れられて、選別施設に搬入されます。このコンテナは、長いもが約600kg入り、土が付いたままの状態で隙間なく積み重ねられています。

その後、貯蔵は専用の冷蔵貯蔵施設で行われ、庫内温度はネバリスターの保管に適した3℃で一定に温度管理されており、収穫後も鮮度を保ちながら選別を待ちます。今年は、コンテナが568基(約340トン)貯蔵されています。

ここがすごい

選別担当者は、その原料全ての味・形状など特徴をそれぞれ把握しており、オーダーに合わせてコンテナを取り出し、効率的に選別作業を行います。


2.選別スタート「水洗いで綺麗に」
土付きのネバリスター
土付きのネバリスター
洗浄機出口
洗浄機出口

収穫時は土が付いているのに、スーパーの店頭で並んでいるときには、なぜ綺麗になっているのでしょうか?それは水洗いを行っているからです。

水洗いは、洗浄機と呼ばれる機械の内部で水をシャワー状に噴出し、その水圧で土を落としています。

ここがすごい

ネバリスターが投入され綺麗になって出てくるまでは、通常2分半の工程ですが、土の付き具合によっては、水圧を微調整し、表面に傷を着けずに土のみを落とす微妙なさじ加減が、要求されます。


3.目視選別「一瞬で傷とサイズ分け」
選別の様子
選別の様子

これより先は、ベテランパートさんによる完全な手作業です。まず、表面に傷があるものはないか?形の悪いものはないか?など目視により確認していきます。ここで、まず「良い」のか「悪い」のかを選り分けて、その後「大きい」のか「小さい」のかを重量測定しながら、サイズ毎に分けられます。

ここがすごい

経験豊富なパートさんになると、一目でだいたいの重量が分かります。


4.箱詰め梱包「おが屑のお布団と一緒に」
ふかふか「おがくず」と一緒に箱詰め
ふかふか「おがくず」と一緒に箱詰め
梱包後出荷を待つネバリスター
梱包後出荷を待つネバリスター

品質やサイズ毎に分けられたネバリスターは、それぞれ同じグループで箱に入れられます。

箱の中には輸送中の衝撃防止や貯蔵性を上げるため「おが屑(粒子の細かい木屑)」を一緒に入れます。

こうして梱包されたネバリスター消費地に届けられ、販売店などで小分けにパッケージされて店頭に並びます。

こうして圃場から店頭に並ぶまでの間に、万全の体制でお届けしている池田町の「ネバリスター」を、是非、一度ご賞味下さい。

<お知らせ>

「根張星(ねばりスター)」は、株式会社ワタリで「商標登録」されました!!

※「根張星(ねばりスター)」という商標は、勝手に使用することはできません。

このページのトップへ

サイト内検索