JA十勝池田町

新着・重要なお知らせ

新着情報

ネバリスター おいしさの理由

滑らかさと粘り

ネバリスターはヤマトイモ(イチョウイモ)と長芋を掛け合わせた交雑品種です。

形は長芋、粘りは長芋の2倍以上でヤマトイモと長芋の良いところを引き出した品種です。(登録品種 農林水産省品種登録 第16025号の品種)

ネバリスターの外見は長芋とあまり変わりありません。しかし、切り口の断面(写真)を比較してみると、ネバリスターのキメ細かさが、お解りになると思います。

キメの細かさは、摩り下ろすことにより、滑らかな舌触りとクセの無い甘みもほど良く、今までにない、美味しさです。

また、名前の通り粘りは長いも(当JA従来品種)の2倍以上もあり、その存在感は圧倒的です。

ネバリスターの断面
ネバリスターの断面
従来品種の断面
従来品種の断面
JA十勝池田町ネバリスターの歩み

当JAではネバリスターの試験栽培を平成20年から行い、平成22年産は約1ha、平成23年産は約10haの作付(東京ドームグラウンドの約7.7倍)をしております。

商標登録:根張星(ねばりスター)

販売開始当初から販売応援を頂いている㈱ワタリではこの度、根張星(ねばりスター)の商標登録を取得しました。根張星(ねばりスター)という名前をJA十勝池田町で栽培されたネバリスターに限定し、現在道内外の生協、高級量販店を中心に販売をしております。店頭で見かけた際は是非お試しください。

根張星の「レシピ」や、「商品が育つまで」(2011年生育記録)については、前項目の「株式会社ワタリ」様HPにてご紹介しております。

このページのトップへ

サイト内検索