JA十勝池田町

新着・重要なお知らせ

新着情報

先輩職員からのアドバイス

平成21年入所 購買部生活課 小野寺絵里

●現在の業務内容
 購買部生活課(Aコープ利別店)で店舗の仕入・売上経理を担当しています。
 経理業務と言いながらも、お店に掛かってくるお客様からの電話対応も重要な業務です。
 お客様や組合員の皆様からは、農作業時のおやつ・お祭りの注文・配送依頼、注文受付後の発注などもこなします。

●JAの良いところ ~お客様の生活の支えを実感~
 組合員の皆様を含む、地域のお客様の生活を支えているという実感があります。
 普段のお買い物は勿論ですが、地域のお祭り(焼き肉、オードブルなど)・内祝い・法要など、お客様の日々の生活の出来事や節目に密接に関わっているという実感があり、忙しい中にも毎日が充実しています。

●私がこのJAを選んだ理由 ~地域に根差したJA~
 学生の時から、地域に根ざしたJAに就職したいと希望していました。
 また、当JAに長年勤めている、先輩の勧めもあり、当JAに決めていました。

●これから就活・就職する方へ  ~色々な事にチャレンジ~
 面接の内容は、企業によって様々ですが、どんな質問に対しても自信を持って発言できるように、たくさん練習をして下さい。
 また、社会人になりたての頃は、当然ながら仕事上の失敗や、上手くいかないことが、沢山あります。それを乗り越えられるよう、学生生活でも色々な事にチャレンジし、成功や失敗を繰り返す、そういった経験を積むことが必要だと痛感しています。


平成20年入所 金融部金融共済課 野々村麻希

●現在の業務内容
 金融部金融共済課で窓口業務を担当しています。
 窓口業務の主な仕事内容は、預・貯金の収納業務のほか、組合員の皆様が使用している自動車の共済(保険)を担当しており、保険の継続確認、車輌入替手続きの他、より良い保障内容をお勧めするなど、契約の見直し等を行っています。

●JAの良いところ ~達成感!~
 何といっても「達成感」のあることです。
 毎月、更新が到来する契約者のお宅に電話して、契約の継続確認と共に、契約内容をより良い保障にして頂くためにお勧めしたりしています。
 勿論、ご説明しても断られることもありますが、保障内容にご納得頂き、契約できた時は、事故の際のご契約者の負担が少しでも軽減できたと思うと、とても達成感を味わえることができます。

●私がこのJAを選んだ理由 ~池田町の町の雰囲気~
 十勝出身なので、地元、十勝で働きたかったことと、学生の頃、部活の合宿を池田町で行ったこともあり、その時の池田町の町の印象が良く、親近感もあり就職を決めました。

●これから就活・就職する方へ  ~焦りは禁物!~
 1社受けてすぐ内定が決まる友人や、何社受けても内定が決まらない友人もいると思います。私は後者の方でした。周りは内定が決まりだしてくると、焦り、社会人としてダメなのではと、自問自答したこともありました。落ちるたびに気持ちも落ち込んでしまうこともあると思います。
 そんなときは「大丈夫、大丈夫」と自分に言い聞かせ、色々な企業を見て回る良い機会だと考え方を変えると、気持ちも楽になると思います。


平成18年入所 金融部金融共済課 秋野健太

●現在の業務内容
 金融部金融共済課で融資業務を担当しています。
 主な仕事内容は、組合員の皆様が営農に必要な農業機械や農業施設取得に際しての融資や、生活に必要な住宅や自動車などの取得に際しての融資を行っています。

●JAの良いところ ~多種多様な業務~
 JAは多種多様な業務を行っていることから、全くタイプの違った業務を経験することができます。私は入所してから、既に3部署を経験し、それぞれ違う業務を経験してきましたが、その中で業務に対する「やりがい」はどの部署でも同じだけあると思います。

●私がこのJAを選んだ理由 ~この町の景観が大好き~
 大学進学で北海道を離れて北海道の良さを実感し、生まれ育った十勝に貢献できる仕事がしたいと思い、また大学時代に住んでいた町が、葡萄の名産地で池田町にも葡萄畑があったことがきっかけで、JA十勝池田町の採用試験を受けました。
 実際、葡萄畑はJAに関係がありませんでしたが…。でも池田町の景観が大好きです!

●これから就活・就職する方へ  ~内定はゴールではない・仕事に「やりがい」を~
 数多くの企業の採用試験を受け、時には一つの企業で4回以上採用試験を受けることがあると思いますが、一つ一つの試験がチャンスだと前向きに捉え、最後まで諦めずに挑戦し続けて下さい。
 また、内定はゴールではありません!内定後も、今後、社会人として過ごす期間は長いわけですから、社会人としての基本的なマナーやルールの習得など、引き続き努力を怠らずに有意義な学生生活を過ごしましょう。
 最後に、就職後に必要なことは、どんな業務を行っていても、その仕事に「やりがい」を見つけることです。「やりがい」があることで、どんな業務に対しても、前向きに自ら進んで行うことができると思います。
 皆さん、仕事に「やりがい」を見つけて下さい。


平成19年入所 金融部金融共済課 山岸真美(やまぎし まさみ)

●これが私の仕事
 本年5月の異動で金融部金融共済課となり、現在の私の業務は、貯金窓口業務で、お客様の貯金の受入、払い戻し、振込など、ほぼ銀行窓口と同じ仕事をしています。

●だからこの仕事が好き
 お客様から、「ありがとう」と言われた時です。
 本来は、ご利用を頂くお客様へ私達が言う言葉ではありますが、お客様からその言葉を頂くと、少しでもお客様のお役に立てたかなと思うと、ささやかですが充実感が得られます。

●私がこのJAを選んだ理由
 JAはどの町村にもあり、小さいころから、とてもなじみ深い企業でした。そのためJAには地域に根差した地元企業としての永続性に魅力を感じました。
 特に、当JAに、既に入所していた地元の先輩の勧めも随分と後押しになりました。

●先輩からのアドバイス
 社会人になったら、皆同じスタートラインであり、学生時代の学業の善し悪しは全く関係ありません。だからといって、学生時代の学業は疎かにして良いということではありませんが、皆、社会人1年生から始めるので、やる気次第で、どんどん仕事は覚えられます。
 また、学生時代と違って、ストレスというものを初めて体験しました。ストレスの解消方法や発散方法は、人それぞれだと思いますが、私の場合は、美味しいものを食べたり、友人や家族との会話で気持ちをリセットするようにしています。


平成19年入所 畜産部畜産課 豊原英梨(とよはら えり)

●これが私の仕事
 畜産部畜産課に入所当時から配属されております。
 主な仕事は、JA管内で飼養されている牛、約5,000頭の個体識別番号の入力。(牛肉パッケージに表示されている10桁番号です)
 その他、牛の他馬などの家畜や、牛乳の販売、購買の経理事務、牛乳の品質など検査業務を行っています。

●だからこの仕事が好き
 高校時代から部活動に取り組んでいたため、チームで何かを成し遂げること、職場でもチームで取り組む仕事が特に好きです。最近では、先輩職員と取り組んだ、管内の全戸、全頭の肉牛の戸籍台帳を完成させた時の充実感は忘れられません。
 職員同士で話し合って何かを決めたり、壁にぶつかり悩んだり、そして達成された時の充実感を共有できること、これが仕事の醍醐味です。

●私がこのJAを選んだ理由
 両親からの勧めもあって、就職先はJAと決めていました。
 このJAを選んだ理由は、隣町であり、家族ぐるみの友人が池田町で農業をしており、学生時代もアルバイトに来ていて、池田町に対する親近感もありました。

●先輩からのアドバイス
 面接の練習は、質問内容やちょっとした聞き方を変えるなど、何度もすることをお勧めします。自分の意見や、思っていることを面接官に伝えるスキルがあるということは、かなり評価は高いと思います。
 また、面接前に、企業の所在する町の地域性や風土、事務所の雰囲気を見て感じる事で、より会話の臨場感も出てきます。知らないより、知っていることの方がお得です。


平成21年入所 購買部生活課 高 雄紀(たか ゆうき)

●これが私の仕事
 私は、Aコープ利別店という生活店舗で働いています。
 主な仕事は、商品発注、商品陳列、お客様への配送、特売企画からパートさんのシフト管理まで多岐に渡っています。

●だからこの仕事が好き
 この仕事は、お客様との接点が第一と思っています。
 お客様のご注文を聞きながら、他に必要なものや、不足になっていないかなど、気がついたときに、先まわりして提案してその注文を頂けた時が快感です。

●私がこのJAを選んだ理由
 私は、経済(というよりカネ(笑))が好きだったので、銀行志望でした。しかし、なかなか銀行関係は難関。そんな中、JAが行っている総合事業(信用事業、共済事業、販売事業、購買事業、指導事業)の中で信用事業も行っていると知りJAを志望しました。
 現在は、志望していた業務ではないですが、色々な仕事を経験できる貴重な職場だと思います。

●先輩からのアドバイス
 皆様も、面接試験を何度か受けることになると思いますが、ひとつの面接を終了するたびに、自分の思っていることが上手く伝えられなかったことや、逆に、上手に伝えられたことがあると思いますが、それらの失敗や成功した経験を、必ず、次の面接に生かしスキルアップすることです。


 

 

このページのトップへ

サイト内検索