JA十勝池田町

新着・重要なお知らせ

新着情報

豆の播種作業が最盛期です



豆の播種作業が最盛期です
豆の播種作業5月中旬から開始
天候にも恵まれ作業は順調

5月中旬に豆の播種作業が始まりました。昔から種をまき始める基準として「かっこう(鳥)が鳴いたら」と言い伝えられていますが、かっこうの活動が活発になる温度がちょうど豆をまくのに適した気候であることから、このようにいわれているのでしょう。

豆は種類によってまく時期が変わりますが、一般的には「大豆⇒小豆⇒菜豆(手亡、金時)」の順番に行われています。5月中旬からは比較的天候も落ち着いており、作業は順調に行われています。

これまでは整然と播種され、生育している圃場の風景を当たり前のように見ていましたが、実際に畑の区画に合わせて真っすぐに種をまくということは高い技術を要する繊細な作業であることを実感します。

まかれた種が大きく育ち、秋にはたくさんの豆が収穫できることを願うばかりです。

 

このページのトップへ

サイト内検索