JA十勝池田町

十勝池田町の農畜産物

ガンコかぼちゃが育つまで

「ガンコかぼちゃ」ってみなさんご存知ですか?
通常のかぼちゃよりでんぷん質が約2倍もあるんです。
でんぷん質が多いということは召し上がるときは「ホクホク」してておいしんです。

ガンコ南瓜栽培歴

月旬 生育状況 基本作業 病害虫防除暦
4月 下旬 育苗床土作り(土壌改良資材+完熟堆肥の混入
5月 中旬 播種
下旬 発芽
6月 上旬 圃場作り(肥料・堆肥整地及び豚ふんの投入)
中旬 3葉~4葉 定植
7月 上旬 つる伸長
中旬 開花 ハチによる自然交配
下旬 着果期
8月 中旬 果実肥大期 アディオン乳剤(アブラムシ・マキバメクラ)
*防除については、気象条件・病害虫等の発生により散布を行う。2回以内での実施。
下旬 ストロビーフロアブル(うどんこ病)
9月 中旬 収穫
下旬 風乾、保存
10月 上旬 箱詰め、出荷
11月 上旬 秋耕起
補足説明
育苗 育苗床土には、完熟堆肥+土壌改良資材を早目混入し、健康な育苗土を作り上 げておく。(100L~1袋)
耕起 圃場耕起前後に全面散布し、土とよく混ぜて使用してください。肥料の併用も 可能。(10a当~3袋を使用)
施肥 標準施肥量を守り、前年度の施肥量と生育状況を参考に行う。
堆肥 圃場作りの際、堆肥の投入を行う(牛糞・麦わら)

育苗

育苗4月中旬から下旬にかけて、ポット用の土をハウス内で作り始めます。土壌改質剤をポット用の土によく混ぜます。根張りを良くし安定した生育を確保するための大切な作業です。

その後、5月中旬にかけてポットに種を播きハウス内での育苗となります。育苗は6月中旬にかけて約1ヶ月間行います。

育苗「播種」から「定植」までの気温は日中17~25度ぐらい、夜間は10~15度ぐらいを保たせます。この時期の十勝は夜間は0度以下になることもありますし、昼間は30度になることもあり、気を抜けません。

ポット内の土も17~23度を目安に管理し、ハウスを開けたりで、遠くには出かけられません。その他にも、雑草を抜いたり水をあげたりしながら定植までの健全な苗づくりに励んでいます。

育苗発芽後1週間の苗です。初生葉が展開し、本葉の1枚目が出て展開前の状態です。

育苗写真のようにきれいに生え揃うと、まずは一安心です。

(写真をクリックすると拡大します)

育苗6日後の苗です。本葉1枚が展開し2枚目の葉が展開し始めてます。

育苗本葉2枚目が展開し、3枚目が葉が展開し始めています。この後1週間後には4枚目が展開し定植となります。

定植圃場については1週間前には圃場づくりを行います。完熟堆肥肥料を投入さらに土壌改良資材を投入しよく混ぜておきます。

定植

定植およそ播種後30日程度経った後に定植を行います。苗は本葉3枚の頃で、徒長のしない子葉の健全な苗を定植圃に植えます。遅くなったり、植え方が悪いとその後の苗の生育が悪くなります。

写真内の白の透明なものは(マルチ)といい定植後根張りを良くし、活着を早めるために設置します。

(写真をクリックすると拡大します)

定植「定植」の場合、1畦毎の株と株の間がおよそ80~90cm、畦と畦の間は3mを確保します。定植は肥料等をまいた圃場に横95cm×200mのマルチを、株立て本数及び圃場面積に合わせて敷き、そこへホーラーというもので12cm程度の植え穴を作り苗に十分水分を与えてから定植します。

作業は温暖な日を選び作業はすべて手作業となり面積により1~3日かけて行います。1つ1つ大事に植えていきます。

定植「定植」の場合、1畦毎の株と株の間がおよそ80~90cm、畦と畦の間は3mを確保します。定植は肥料等をまいた圃場に横95cm×200mのマルチを、株立て本数及び圃場面積に合わせて敷き、そこへホーラーというもので12cm程度の植え穴を作り苗に十分水分を与えてから定植します。

作業は温暖な日を選び作業はすべて手作業となり面積により1~3日かけて行います。1つ1つ大事に植えていきます。

定植南瓜栽培においてつるの仕立方法は生産者によってちがいますが、子づる2本もしくは子づる3本仕立てがほどんどです。

定植10~14日程度経った南瓜は徐々に畦をふさぎ雄花が咲き雌花へと受粉を開始します。

受粉は「ミツバチ」により行われ、受粉に成功した雌花は果実を付けます。

定植かぼちゃの形になってきました(写真は7月頃撮影したものです)

(写真をクリックすると拡大します)

定植10日後のガンコです。直径でおよそ13cm程度の大きさ、重量も1,500g程度となっております。

定植写真はミツバチ巣箱です。による自然交配を行うため蜂箱を設置して花粉交配を促進させています。

(蜂の行動範囲は巣より2km・箱の中には約2万匹の蜂がいます。)

(写真をクリックすると拡大します)

定植さらに2週間後ぐらいのガンコです。玉の大きさはおよそ直径20cm2,300g程度となり、へたの部分が一部コルク状に変化してきております。「収穫」の始まりは、このへたの部分が70%程度コルク化した時期が収穫始めとなります。

収穫の目安としては、他に着果より積算温度で800~1,000℃・日数で35~45日となっています。収穫については、最初に着果する1番果の南瓜より収穫が始まり、つるには1ないし2つの玉がなりますが、10日後ぐらいに2番果の収穫が始まります。

(写真をクリックすると拡大します)

このページのトップへ

サイト内検索